非破壊試験(鋼製防護柵根入れ長測定)

非破壊試験(鋼製防護柵根入れ長測定)
非破壊試験(鋼製防護柵根入れ長測定)
非破壊試験(鋼製防護柵根入れ長測定)とは?

先般、いくつかの地方整備局において土中埋め込み式の防護柵支柱の根入れ長不足に係る問題が発生したことを踏まえ、ビデオカメラによる防護柵設置工において出来形確保対策を実施されているところでありますが、平成22年3月より鋼製防護柵支柱の根入れ長確保のための出来形管理は、非破壊試験による出来形管理を基本とする通知が国土交通省から通達されました。
当社の使用している測定機器『NST-2』は、弾性波診断技術協会EITAC 認定の測定器で、国交省等の非破壊試験でも多くの実績があります。
根入れ長測定には、超音波を使用します。
超音波とは、人間の耳には聞こえない高い振動数をもつ弾性振動波(音波)のことで、縦波(P波)、横波(S波)があり、『NST-2』では横波の一種ある表面SH波を使って測定しています。
センサーから超音波振動を発振し、その振動が端面で反射し再びセンサーに戻ってくるまでの時間を測定します。
時間に対象物の超音波伝播速度(物質の中を伝わる音の速さ)をかけることで、センサー~端面~センサーの距離を算出します。(往復距離)
これを2で割ることでセンサーから端面までの距離が出ます。

見積もりに必要な情報

支柱総本数及び測定本数

計測業務についてのお問い合わせ
  • 作業手順①
    作業手順①
    支柱の材質が異なる場合、各々の固有振動数も異なるため、材質の変化毎、測定日毎には音速のキャリブレーションが必要となる。

    キャリブレーションは、支柱の任意の位置に超音波センサーを逆向きに取り付け、支柱上端までの反射波を測定し実測長との照合を行い、音速を補正する。
  • 作業手順②
    作業手順②
    支柱の地上高をスケールで計測する。
  • 作業手順③
    作業手順③
    超音波は、物体中の振動の伝搬である。したがって、振動する物体がなにもなければ音波は伝播しない。また、横波は剪断波であるため、空気中を伝わらない。従って、超音波センサーと測定対象物の間に空気層が入ってしまうと、測定が出来なくなるため、接触媒質を塗布し空気層を除去する。

    その際、測定部に汚れ等があると表面波の伝搬に屈折が生じ測定値に誤差をきたすため、センサー設置部は極力清掃してきれいにする必要がある。
  • 作業手順④
    作業手順④
    超音波センサーを下方向に向け支柱にしっかりと密着させ根入れ長を測定する(データ取得)。
  • 測定結果
    測定結果
    ・測定データ画像