現場密度試験(RI法)

現場密度試験(RI法)
現場密度試験(RI法)
現場密度試験(RI法)とは?

RI水分密度計は微小の放射性同位元素を利用し、土壌の密度、水分量等を高精度で計算します。
土木工事現場において、砂置換に変わる盛土管理手法として広く活用されており、高速道路をはじめとする道路建設から、認められています。

見積もりに必要な情報

α値(水分補正値)の測定回数 

計測業務についてのお問い合わせ
  • 作業手順①
    α値(水分補正値)測定。

    RI計器で土の含水比の測定をした後、炉乾燥法により再度その土を使い、含水比を求める。
  • 作業手順②
    作業手順①により算出されたα値、材料試験表に記載された、土粒子密度、最大乾燥密度の材料入力を行う。
  • 作業手順③
    任意点数の測定を現場にて行う。
  • 作業手順④
    作業手順④
    報告書無し。 プリンターによる印字データでの管理。

おすすめ商品