騒音・低周波音測定

騒音・低周波音測定
騒音・低周波音測定
騒音・低周波音測定とは?

騒音・低周波音の発生源には様々な種類があり、自動車等の交通騒音、工場等の事業場騒音、工事等の建設騒音などが上げられます。
当社は、生活保全、健康保全を維持していくために各種騒音による環境影響調査・評価を行なっています。
騒音計は騒音レベル(LA)及び音圧レベル(Lp)を測定する計測器であり、計量法にて特定計量器として指定されています。
また、測定精度の違いから、JIS C 1509-1 Class 1(計量法での「精密騒音計」に相当)及び、JIS C 1509-1 Class 2(計量法での「普通騒音計」に相当)に仕様などが定められています。
更にそれぞれ統計量としての時間率騒音レベル(Lx)や、等価騒音レベル(LAeq)、単発騒音暴露レベル(LAE)などの積分量を測定する機能を持った積分平均形騒音計があります。
また、管理ソフトを使用することにより、オートストアデータをパソコンで読み込み、測定データの表示・編集や日報、週報、テキストファイルの作成及び印刷処理を行うこともできます。

見積もりに必要な情報

測定箇所数、測定器使用台数(同時に数か所測定することがあるため)

計測業務についてのお問い合わせ
  • 作業手順①
    作業手順①
    騒音:防風スクリーンをマイクロホンに、本体を三脚に取り付け測定場所へ設置する。
  • 作業手順②
    作業手順②
    本体の電源を入れ、周波数特性・時間・レベルレンジ等の設定を行う。
  • 作業手順③
    作業手順③
    Storeキーを押し、騒音測定を実施(データの取得)。
  • 測定結果
    測定結果
    ・騒音計の専用ソフト測定データ画像

おすすめ商品